ページ

2014年3月28日

E331系 長野へ

3月25日に、E331系が長野へ回送されました。
(参考⇒http://railf.jp/news/2014/03/27/170000.html
 
連接台車をはじめ、試験的要素を多く取り入れたこの車両、
最近は営業運転からすっかり外れていましたね。
 
せっかくなので、現役時の写真を。
個人的には、新しさを探求しつつどこか従来車くさいような
不思議な外観デザインが印象的でした。
 
モーター音も、現行のE233系より静かだったと記憶しています。

また、14両編成3ドアという構造の関係で、
専用の乗車位置が設けられているのも特徴でした。
 
登場から今年で8年ということで、
検査期限を迎えた中での長野行きとなりました。
 
このまま検査を通さず、廃車になるものと思われます。

2 件のコメント:

  1. 少し201系に似た音がする走行音、独特なデザインと結構気に入ってました。静かで揺れも少なく乗り心地も良かった記憶があります。僅か数年しか走らなかった、首都圏JRでは二度とないだろう特殊な連接車に乗ったことがあるというのは、ラッキーだったと思いますね。廃車なんて残念でなりません。

    返信削除
    返信
    1. ちゃまのーるさん
      〉少し201系に似た音がする走行音、独特なデザインと結構気に入ってました。
      〉静かで揺れも少なく乗り心地も良かった記憶があります。

      》音は本当に静かでしたよね。京葉線は線形も良いので、
      乗り心地もなおさら安定していたと思います。

      〉僅か数年しか走らなかった、首都圏JRでは二度とないだろう特殊な連接車に乗ったことがあるというのは、ラッキーだったと思いますね。廃車なんて残念でなりません。

      》引退前にもう一度乗ってみたかったですね。
      最後に乗ったのは、もう随分前ですし。

      削除